{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/18

DRV- Box calf Leather [ブラック]

42,900円

送料についてはこちら

  • S (23cm)

    ¥42,900

  • M (24cm)

    ¥42,900

  • L (25cm)

    ¥42,900

  • LL (26cm)

    ¥42,900

  • 3L (27cm)

    ¥42,900

  • 4L (28cm)

    ¥42,900

HEPによる初の本革レザーサンダル。 ハイブランドを含む数々のレザーシューズを担ってきたオリエンタルシューズ株式会社との初タッグによって実現しました。 アッパー(甲)には高級レザーであるボックスカーフを。そしてアウトソール(底材)には、ビブラムソールを採用ています。 一級品の履き味をおたのしみください。 ▼詳しい商品情報や開発秘話はこちら 『HEPが奈良の老舗オリエンタルシューズにオーダー! 一級品の革にたどり着いた初のレザーサンダルを発売』 https://www.hep-sandal.jp/post/interview_orientalshoes_drvboxcarfleather_2023-4-14 DRV : 運転手に長年愛されたドライビングサンダルをモダナイズ。 長時間の着用でも、快適で通気性の良いアッパー(甲)のデザイン。 バックバンドは2WAYで、かかとに引っ掛けて履くとホールド感がぐんと増し、前に倒すと“つっかけ”て着脱が楽なのも嬉しいポイント。 「DRV - Box calf Leather」3つのポイント 1. 老舗靴メーカーに依頼したレザーサンダル ハイブランドを含む数々のレザーシューズを担ってきたオリエンタルシューズ株式会社との初タッグが実現。 HEPで最も人気のあるモデル「DRV」を再解釈し、しっとりとしたツヤ感のある本革で上品に仕上げました。 調節可能な2WAYストラップなど、アッパーのデザインベースはそのままに、デイリーに履けるレザーサンダルとなっております。 2. 一級品の本革「ボックスカーフ」を採用 甲の部分には、高級靴に用いられるフランスタンナーの「ボックスカーフ」が使われいてます。 実は通常の生産で使えなかった、細かいシワや端材部分を活用。余すことなくHEPで活用!一級品の履き味をお楽しみ下さい。 ※革も生き物。HEPではそれらを一つの個性として受け入れています。 3.アウトソールはVibram社製 底材にはVibram社のアウトソールを採用して、今までのHEPとも異なる踏み心地と、バランスあるボリューム感に仕上がりました。 また、いわゆるコバに当たるピースの部分にはヌメ革を使い、フルブラックではなく、エッジの効いたデザインにしています。履いて合わせてみると絶妙なアクセントにもなり、普遍的でありながらオリジナリティのあるレイヤーに。 ■HEP 1952年、奈良で創業した川東履物商店が立ち上げた新ブランド。 ”ニューヘップサンダル”を掲げて、長年日本の家庭で愛されてきたヘップサンダルを、現代ならではの履物として、様々な角度からアップデートしていきます。 ■ヘップサンダル その名の由来は映画「ローマの休日」。 劇中でオードリー・ヘップバーンがサンダルを着用したことから、日本で”ヘップサンダル”と呼ばれるようになったと言われています。 日本の生活道具として広く親しまれてきたヘップサンダル。 当初はフロントオープンで、かかとの無いバックレスタイプのミュールの形を指しました。現代では創意工夫がなされ、男性向けや甲全面が覆われたタイプも存在します。 材料:牛革 底材:EVA <取扱いのご注意> <取扱いのご注意> ・甲革の汚れを取る際は靴クリーナーを専用クロスや柔らかい布等で少量取り、汚れを優しく拭き取ってください。 クリーナーは直接塗らずに必ず布などに移してご使用ください。 ・雨などで濡れた際は水分をしっかりと拭き取り、風通しの良い日陰で陰干しして、乾燥させてください。濡れたまま放置しますと、色ムラ、カビ等の原因となります。 ・軟化又は変形するおそれがありますので、火のそばに置かないでください。 ・滑るおそれがあ りますので、油を引いてある場所での使用は 避けてください。

セール中のアイテム